本展の見どころ

1. 天下五剣「童子切(どうじぎり)」の出陳決定!

東京国立博物館の門外不出の国宝「太刀 銘安綱(名物童子切)」の出陳が決定しました。源頼光が 酒呑童子(しゅてんどうじ)退治に用いたとされる伝説の太刀です。鬼才・安綱の代表作として名高い名刀で、天下五剣の一つにも数えられます。

国宝「太刀 銘安綱(名物童子切)」

国宝「太刀 銘安綱(名物童子切)」 平安時代 東京国立博物館 Image TNM: Image Archives【通期展示】

2. 源氏代々の名宝が集結

安綱一門の刀は源氏の有力武将に尊ばれてきました。安綱作の東京国立博物館所蔵の「童子切」(国宝)は、源頼光から足利将軍家、徳川家康を経て津山松平家へ。北野天満宮所蔵の「鬼切丸」(重文)は足利一門の最上家に伝来。そして松平公益会所蔵の太刀「銘真守造(さねもりづくり)」(重文)は、源義光(新羅三郎義光)の佩刀(はいとう)とされ、子孫の武田信玄・勝頼、徳川家康を経て、水戸徳川家から高松松平家に伝来しています。このほかにも、源氏ゆかりの刀が複数集結します。なお、古伯耆の作品ではないものの、源氏代々の太刀で源義経ゆかりの箱根神社所蔵の「薄緑丸(膝丸)」も特別出品されます。

重要文化財「太刀 銘安綱(鬼切丸)」

重要文化財「太刀 銘安綱(鬼切丸)」 平安時代 京都・北野天満宮 【前期展示】


太刀 無銘(名物膝丸・薄緑丸)

「太刀 無銘(薄緑丸)」 平安時代 神奈川・箱根神社 撮影:Spare Time Studio 中村慧 【通期展示】

3. (こしらえ)に込められた武士(もののふ)の美

中国・唐から伝来した唐大刀の様式を伝える、春日大社所蔵の国宝「黒漆平文飾剣(柄白鮫(つかしらさめ))」、国宝「黒漆平文飾剣(柄銀打鮫(つかぎんうちざめ))」をはじめ、完存品が三例しかない毛抜形太刀のうち、春日大社所蔵の「金地螺鈿毛抜形太刀」と「紫檀地螺鈿銀樋毛抜形太刀」(いずれも国宝)が出陳されます。また、兵庫鎖太刀の名品で春日大社所蔵の「沃懸地酢漿平文毛抜形太刀」(国宝)や中世の実用の太刀である黒漆太刀、近世の華麗な糸巻太刀まで、拵に込められた武士(もののふ)の美意識にせまります。

4. 直刀から日本刀へ、その成立の謎に迫る!

安綱は、京都・三条宗近とならんで最古級の刀匠とされています。本展では、直刀から日本刀への変化の過程を示す、国宝「黒漆平文飾剣」など、平安時代の日本刀成立期作品をあわせて展示、その成立の謎に迫ります。

国宝「黒漆平文飾剣 (柄欠失)刀身」

国宝「黒漆平文飾剣 (柄欠失)刀身」 平安時代 奈良・春日大社 【通期展示】

 

5. 古伯耆太刀勢揃い、もう一振りの国宝と春日大社の名刀

京都国立博物館所蔵の国宝「太刀 銘安家」は、在銘作の少ない安家の名品として知られています。やや細身で腰反りの高い優美な太刀姿で、鍛は地沸がよくつき地斑、地景がよく入るなど、古伯耆物の特徴がよく表れた作品です。近世は筑前・黒田家に伝来しました。

国宝「太刀 銘安家」

国宝「太刀 銘安家」 平安時代 京都国立博物館 【後期展示】


1939年に宝庫天井裏から錆びた状態で発見され、平成29年に研磨したことで古伯耆の太刀として確認された、重要美術品「太刀 無銘(古伯耆 伝安綱)」(奈良県・春日大社蔵)も展示されます。

太刀 無銘(古伯耆伝安綱)

「太刀 無銘(古伯耆 伝安綱)」 平安時代 奈良・春日大社 【通期展示】