古伯耆の無銘太刀に愛称をつけようキャンペーン!

「古伯耆の無銘太刀に愛称をつけようキャンペーン!」に
たくさんのご応募をいただき誠にありがとうございました。


厳正な審査の結果、「白鹿丸(はくろくまる)」が後期展示期間中の愛称に選ばれました!
おめでとうございます。


採用された愛称は後期展示期間中、会場に展示されます。
ぜひ会場にて太刀と合わせてご覧ください。

本展にて公開される重要美術品「太刀 無銘(古伯耆 伝安綱)」(奈良県・春日大社蔵)は、1939年に宝庫天井裏から錆びた状態で発見され、平成29年に研磨したことで古伯耆の太刀として確認されたものです。こちらの太刀について、本展会期中限定の愛称を2020年1月26日(日)まで本サイトにて募集します。審査し、採用された愛称を後期展示期間中(2月1日~3月1日)会場に展示します。


次の資料は、研磨された太刀が古伯耆物であることが判明した際の記者発表資料と、太刀の特徴的な部位に焦点をあてた画像です。ぜひこれらを参考に、素敵な愛称を考えてくださいね!


「太刀 無銘(古伯耆 伝安綱)」 平安時代 奈良県・春日大社 なかご付近

「太刀 無銘(古伯耆 伝安綱)」 平安時代 奈良県・春日大社 切っ先

募集期間

2020年1月26日(日)まで

発表

審査の結果は展示会場及びHP、本展SNSなどで発表します。

選考者

春日大社宮司 花山院弘匡はじめ特別展実行委員会

【応募規定・注意事項】

  • 愛称は本展会期中限定のものとなります。正式名称の募集ではございません。
  • 応募された愛称は本展会場、広報物、新聞紙面などに使用される可能性があります。また、採用された愛称に関する著作権ならびにこれから発生する権利は、すべて主催者に帰属するものとさせていただきます。予めご了承ください。
  • 応募できる愛称は、このキャンペーンのために新しく自作した作品で、未発表のものに限ります。二重投稿(同じ作品および酷似作品を他のキャンペーン・新聞・雑誌などに応募すること)、既存の名称のご応募は固くお断りいたします。規定の違反が判明した場合には愛称の採用を取り消すことがあります。
  • ご記入いただいた個人情報は、主催者が当キャンペーンのためだけに使用します。

安綱・古伯耆展 × 近鉄電車
ゆかりの刀剣神社・博物館スタンプラリー

「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」に関連する近鉄沿線の神社・博物館を巡るスタンプラリーです。全5種類中3つ以上のスタンプを集めていただいた方には、オリジナルグッズ(あぶらとり紙・非売品)をプレゼント致します。

参加方法

  • ①春日大社(本展会場)、スタンプ設置神社・博物館・近鉄主要駅からスタンプラリー台紙を入手してスタートします。
  • ②スタンプ設置神社・博物館を巡ってスタンプを集めます。
  • ③3ヶ所以上のスタンプを集め、春日大社(本展会場)、奈良国立博物館、石切劔箭神社または北野天満宮にてご提示いただき記念品をお渡しいたします。

  • ※参加費無料(スタンプラリーに必要な交通費、拝観・観覧料などはお客様のご負担となります)
  • ※スタンプ設置神社・博物館をまわる順番は自由です。
  • ※スタンプは実施期間内であれば1日で集めなくても有効ですが、1枚の台紙に押されている必要があります。
  • ※スタンプラリー台紙は12月末から配布を開始し、なくなり次第終了となります。

スタンプ設置神社・博物館

  • 春日大社(本展会場)
  • 奈良国立博物館
  • 石切劔箭神社
  • 壺井八幡宮 ※記念品のお渡し場所はございません
  • 北野天満宮
あぶらとり紙(イメージ)

あぶらとり紙(イメージ)

スタンプラリー台紙

スタンプラリー台紙

古代刀から日本刀へ、その変遷の謎に迫る

現在、春日大社国宝殿で開催中の「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」では、平安時代後期の伯耆国(鳥取県中西部)の刀工で、京都の三条宗近、備前の友成・正恒とならぶ有銘作(在銘作)が遺る最古の刀工として知られている安綱の作品を中心に、古代刀(上古刀)がどのように日本刀(鎬造弯刀)へと変化したのか、最新の知見によってその謎に迫ります。

出演者プロフィール

津野 仁

津野 仁(栃木県埋蔵文化財センター)

  • 昭和36年 栃木県岩舟町(現 栃木市)生まれ
  • 昭和55年 國學院大學入学文学部史学科入学
  • 昭和59年 國學院大學卒業・大学院文学研究科
  • 昭和61年 國學院大學大学院文学研究科博士課程前期修了
  • 昭和62年 財団法人 栃木県文化振興事業団就職
    公益財団法人 とちぎ未来づくり財団埋蔵文化財センター在職
    整理課 副主幹兼課長

  • 主な著書 『日本古代の武器・武具と軍事』吉川弘文館、『日本古代の軍事武装と系譜』吉川弘文館など
内川隆志

内川 隆志(國學院大學)

昭和36年生まれ。専門:博物館学。研究テーマ「好古家ネットワークの形成と近代博物館創設に関する学際的研究」 「中世和鏡の基礎的研究」など。その他:平成30年 國學院大學博物館 特別展「神に捧げた刀―神と刀の二千年―」 等を担当。

日時

2月22日(土)13:30~16:00

  • ※開場13:00

会場

春日大社 感謝・共生の館

内容

<講演>

津野 仁(栃木県埋蔵文化財センター)


<座談>

津野 仁(栃木県埋蔵文化財センター)

内川 隆志(國學院大學)

聞き手 荒井 清志(春日大社)

定員

300名(先着・定員に達し次第終了)

参加費

無料

  • ※ただし受付時に「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」の入場券(半券可)提示が必要です。

申込方法

下記応募フォーム、ハガキまたはFAXにてお申込ください。ハガキ、FAXには郵便番号、住所、氏名、電話番号、同伴者の有無と人数を明記し、次の申込先までお送りください。

  • ハガキでの申込:〒530-8551 大阪府大阪市北区野崎町5-9 読売新聞大阪本社 文化事業部
  • FAXでの申込:06-6366-2370

お問合せ

読売新聞大阪本社 文化事業部

TEL:06-6366-1848(平日午前10時~午後5時)


  • ※ご参加いただくには事前の申込が必要です。
  • ※本講演会は先着でのお申込となります。ご参加いただける方のみ参加証をお送りします。ご参加の可否については参加証の発送をもってかえさせていただきます。
  • ※当日、参加証をお持ちでない方はご入場いただけません。
  • ※ご記入いただいた個人情報は、ご本人の承諾なく本講演会以外には使用いたしません。

古伯耆・童子切安綱の再現!!!

出演者プロフィール

川﨑 晶平

撮影:トム岸田

川﨑 晶平(全日本刀匠会 理事/関東支部長)

  • 1968 大分県大分市出身
  • 1992 明治大学政治経済学部政治学科卒業
  • 1994 刀鍛冶 宮入小左衛門行平に入門
  • 1999 文化庁より作刀承認を受ける。
    新作刀展覧会 初出品 優秀賞、新人賞受賞
  • 2003 文化庁長官賞を受賞。その後、特賞多数
  • 2011,2012,2014 (公財)日本刀文化振興協会主催(文化庁後援)
    「新作日本刀 刀職技術展覧会」にて特賞1席・経済産業大臣を受賞
  • 2013 日越修交40周年 ベトナム ホーチミン市ジャパンフェスティバルにて作品の展示、講演
  • 2014 スペイン マドリード、バルセロナにて、作品展示、講演
  • 2016 第11回「お守り刀展覧会」にて文部科学大臣賞受賞
    前駐日ポーランド共和国大使ツィリル・コザチェフスキー閣下にお守り刀を納める
  • 2017 日本橋三越本店 美術画廊にて「拵えと刀装具 刀匠川﨑晶平お守り刀受注会」開催
  • 2018 春日大社 国宝殿「宮入小左衛門行平一門展」に出品
    (公財)日本刀文化振興協会「日本刀名匠」認定
    靖國神社御創立150年奉納鞴祭に奉仕
  • 2019 靖國神社御創立150年記念短刀を製作 奉納
    阪急うめだ本店 アートスクエアにて「伝承 日本の刀剣展」開催
  • 2020 警視総監特別賞の短刀を製作、納品

  • 現在、全日本刀匠会 理事/関東支部長
    (公財)日本刀文化振興協会 理事
    双葉社 小説推理にエッセイ「テノウチ、ムネノウチ」を連載中
    伯耆国・大山歴史読本(KADOKAWA)に寄稿
    春日大社「安綱・古伯耆展」図録「最古の日本刀の世界」に寄稿

日時

2月29日(土)13:30~15:30

  • ※開場13:00

会場

春日大社 感謝・共生の館

内容

<第一部・講演>

川﨑 晶平(全日本刀匠会 理事/関東支部長)


<第二部・鼎談と実演>

川﨑 晶平(全日本刀匠会 理事/関東支部長)ほか

聞き手 荒井 清志(春日大社)

定員

300名(先着・定員に達し次第終了)

参加費

無料

  • ※ただし受付時に「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」の入場券(半券可)提示が必要です。

申込方法

下記応募フォーム、ハガキまたはFAXにてお申込ください。ハガキ、FAXには郵便番号、住所、氏名、電話番号、同伴者の有無と人数を明記し、次の申込先までお送りください。

  • ハガキでの申込:〒530-8551 大阪府大阪市北区野崎町5-9 読売新聞大阪本社 文化事業部
  • FAXでの申込:06-6366-2370

お問合せ

読売新聞大阪本社 文化事業部

TEL:06-6366-1848(平日午前10時~午後5時)


  • ※ご参加いただくには事前の申込が必要です。
  • ※本講演会は先着でのお申込となります。ご参加いただける方のみ参加証をお送りします。ご参加の可否については参加証の発送をもってかえさせていただきます。
  • ※当日、参加証をお持ちでない方はご入場いただけません。
  • ※ご記入いただいた個人情報は、ご本人の承諾なく本講演会以外には使用いたしません。

春日大社・奈良国立博物館連携シンポジウム【終了しました】

春日大社国宝殿にて開催される「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」を記念し、「最古の刀」をキーワードに日本刀成立の謎に迫るシンポジウムを行います。展覧会の見どころも紹介します。

日時

2020年1月11日(土) 13:30~15:30(開場13:00)

会場

春日大社 感謝・共生の館

内容

<基調講演> 13:30~14:20
「日本刀の反りの発生についての一試論」
荒井 清志(春日大社国宝殿 学芸員)


<パネルディスカッション> 14:30~15:30
「日本刀成立の謎に迫る」

花山院 弘匡(春日大社 宮司)

月山 貞利(奈良県指定無形文化財保持者)

吉澤 悟(奈良国立博物館 学芸部副部長)

荒井 清志(コーディネーター)

  • 花山院 弘匡

    花山院 弘匡

  • 月山 貞利

    月山 貞利

  • 吉澤 悟

    吉澤 悟

  • 荒井 清志

    荒井 清志

定員

300名(先着・定員に達し次第終了)

  • ※定員に達しましたので応募は終了しました。

参加費

無料

お問合せ

春日大社・奈良国立博物館連携シンポジウム事務局(読売新聞大阪本社 文化事業部内)
TEL:06-6366-1848(平日午前10時~午後5時 ※12月30日(月)~1月3日(金)は除く)


  • ※ご参加いただくには事前の申込が必要です。
  • ※本シンポジウムは先着でのお申込となります。ご参加いただける方には参加証をお送りします。
  • ※当日、参加証をお持ちでない方はご入場いただけません。
  • ※ご記入いただいた個人情報は、ご本人の承諾なく本シンポジウム以外には使用いたしません。

たたらと安綱のふるさと鳥取県デー【終了しました】

「たたらと安綱のふるさと・鳥取県デー」は、参加申込者数が定員を超えたため、募集を締め切らせていただきました。参加申込を受け付けた方には、先着順で参加証を発送中です(1/28)。定員超過のため参加いただけなくなった方には電子メールにてご連絡させていただきます。

日時

2020年2月1日(土)13:00~16:00頃(途中休憩あり)

  • ※12:30開場

会場

春日大社 感謝・共生の館

内容

<開会> 13:00


<鳥取県指定無形民俗文化財「下蚊屋の荒神神楽」の上演> 13:10~

江戸時代末期に、下蚊屋集落と隣接する美作・備中地方との交流の中で備中神楽として伝わったと言われている。昭和7年には保存会が組織され、現在まで地域住民によって伝承されている。数種類の演目があるが、今回上演するのは、須佐之男(すさのお)(みこと)八岐大蛇(やまちのおろち)が舞う「八重垣能(やえがきのう)」。(鳥取県日野郡江府町:下蚊屋荒神神楽保存会)

下蚊屋の荒神神楽

<パネルディスカッション> 13:40~
「安綱と古伯耆物~その魅力に迫る~」

-パネリスト-

伊東 哲夫(文化庁文化財第一課工芸部門 文化財調査官)

宮入 小左衛門行平(全日本刀匠会会長・刀匠)

石村 隆男((公財)とっとりコンベンションビューロー理事長)

  • 伊東 哲夫

    伊東 哲夫

  • 宮入 小左衛門行平

    宮入 小左衛門行平

  • 石村 隆男

    石村 隆男


<カニ汁振る舞い> 15:20~

カニ汁はカニの水揚げ日本一・鳥取県の郷土料理。境港から直送された紅ズワイガニをたっぷりと使用した豪快なカニ汁。鳥取の風味を身近に感じてください。

  • ※参加者限定です。
カニ汁

定員

200名

備考

当日11:30~11:50に鳥取県指定無形文化財「下蚊屋の荒神神楽」を春日大社本殿前の「直会殿」にて奉納します

お問合せ

鳥取県西部観光商工課

TEL:0859-31-9363(平日8:30~17:15)


  • ※ご参加いただくには事前の申込が必要です。
  • ※本フォーラムは先着でのお申込となります。ご参加いただける方には参加証をお送りします。
  • ※当日、参加証をお持ちでない方はご入場いただけません。
  • ※ご記入いただいた個人情報は、ご本人の承諾なく本フォーラム以外には使用いたしません。
  • ※HPでの受付を終了いたしました。

春日信仰のかたち 番外編
門外不出 国宝「童子切」初見参! 最古の日本刀の世界【終了しました】

春日大社国宝殿にて開催される「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」の見どころを、同展覧会の企画・出品交渉を担当した春日大社権禰宜で学芸員でもある荒井清志さんに解説していただきます。

日時

2020年2月2日(日)13:30~15:00

会場

奈良市立中部公民館5階ホール

内容

春日大社に奉納された刀剣類や、東京国立博物館の門外不出とされる安綱の最高傑作で国宝第一号の「童子切安綱」などを紹介し、日本刀成立の謎について学びます。


講師:荒井清志(春日大社国宝殿 学芸員)

定員

12歳以上 300名

費用

無料

締め切り

1月21日(火)必着

奈良市生涯学習財団ホームページ「参加申込フォーム」または、往復はがき、FAX(講座名、〒住所、名前、ふりがな、電話番号、年齢をご記入)でお申込みください。

お問合せ・申込先

(公財)奈良市生涯学習財団 中部公民館

〒630-8228 奈良市上三条町23-4

TEL:0742-26-6506/FAX:0742-26-3263

門外不出 国宝「童子切」発見参! 最古の日本刀の世界(チラシ)

安綱とその美の世界【終了しました】

安綱は平安時代後期の伯耆国(鳥取県中西部)の刀工で、京都の三条宗近、備前の友成・正恒とならぶ有銘作(在銘作)が遺る最古の刀工として知られています。そして天下五剣の一つ「童子切」をはじめ多くの名刀を鍛え、一説に刀身に反りをもたせた最古の刀匠であるとか、鎌倉時代に相州伝を大成する正宗に影響を及ぼしたとされるなど、日本刀剣史に大きな足跡をのこしました。

安綱の時代を超越した先進性。そして安綱をはじめ、その流れを汲む真守・安家・有綱・国宗・真行など古伯耆物の魅力に迫ります。

出演者プロフィール

渡邉 妙子

PHOTO/眞野 敦

渡邉 妙子(佐野美術館理事長)

昭和12年(1937)生まれ。昭和41年、慶應義塾大学(通信教育課程)卒。同年、財団法人佐野美術館学芸員となる。平成12年に同館館長、令和元年に同館理事長に就任。全国美術館会議理事、日本博物館協会評議員、日本美術刀剣保存協会評議員。静岡県知事表彰、令和元年度地域文化功労者表彰など受賞。著書に『名刀と日本人―刀がつなぐ日本史』(東京堂出版)、『日本刀は素敵』(静岡新聞社)、『日本刀は素敵(改版)』(ワック)、共著に『日本刀の教科書』(東京堂出版)、監修『名刀大全』(小学館)など。

内藤 直子

内藤 直子(大阪歴史博物館)

大阪大学文学部卒業。大阪市立博物館学芸員を経て、現在大阪歴史博物館学芸第二係長。江戸時代の刀装具、特に京金工の研究を中心とする。主な編著・著作に『もっと知りたい刀剣 名刀・刀装具・刀剣書』(2018年東京美術)、『“超絶技巧”の源流 刀装具』(2017年淡交社)、一般書籍化した企画展に『変わり兜×刀装具 戦国アバンギャルドとその昇華』(2015年青幻舎)、『近代大阪職人〈アルチザン〉図鑑』(2016年青幻舎)がある。目下、次の特別展「埋忠〈UMETADA〉 桃山刀剣界の雄」の準備にいそしむ。

日時

2月15日(土)13:30~16:00

  • ※開場13:00

会場

春日大社 感謝・共生の館

内容

<講演>

渡邉 妙子(佐野美術館理事長)


<座談>

渡邉 妙子(佐野美術館理事長)

内藤 直子(大阪歴史博物館)

渡邉 亜祐香(春日大社)

伊勢 史奈子(春日大社)

コーディネーター 荒井 清志(春日大社)

定員

300名(先着・定員に達し次第終了)

参加費

無料

  • ※ただし受付時に「最古の日本刀の世界 安綱・古伯耆展」の入場券(半券可)提示が必要です。

申込方法

下記応募フォーム、ハガキまたはFAXにてお申込ください。ハガキ、FAXには郵便番号、住所、氏名、電話番号、同伴者の有無と人数を明記し、次の申込先までお送りください。

  • ハガキでの申込:〒530-8551 大阪府大阪市北区野崎町5-9 読売新聞大阪本社 文化事業部
  • FAXでの申込:06-6366-2370

お問合せ

読売新聞大阪本社 文化事業部

TEL:06-6366-1848(平日午前10時~午後5時)


  • ※ご参加いただくには事前の申込が必要です。
  • ※本講演会は先着でのお申込となります。ご参加いただける方のみ参加証をお送りします。ご参加の可否については参加証の発送をもってかえさせていただきます。
  • ※当日、参加証をお持ちでない方はご入場いただけません。
  • ※ご記入いただいた個人情報は、ご本人の承諾なく本講演会以外には使用いたしません。
  • ※HPでの受付を終了いたしました。